Real R&B...Issei "shark" Endo @まいどおおきに

b0004907_2194710.jpg野球に音楽に日々の移動生活が続く中、まともに東京でアポや約束がままならない。メールもどれだけ溜まってしまっているか。。。とにかく追いつかない。既存の案件、新規案件、色々とオファーも飛び込んでくる。何とかオーガナイズを。。。と心がけているが、現在進行形アイテムがかなりヘビ~。それでも、東京に一瞬帰れるタイミングができた。と思いきや、川中美幸さんからお誘い。ふむふむ。不思議なもんだ。なぜか、美幸さんは自分の予定がわかっているかのように、見事にその隙間に差し込んでくる。お好み焼きを美味しくご馳走になり、ちょっと新たに美幸さんプロデュースで始められているバーでライブがあるというので、立ち寄ることに。「R&Bよ、素敵だから」と、嬉しそうに語りかけている美幸さんだが、なぜR&B?ちょっとぎこちなさを感じつつ、一番前に座らされ目の前のボーカリストを見つめた。正直、椅子も小さく、腰の悪い自分にはきつい。2曲くらいでちょっと失礼かな。。。と思ったら、最後のアンコールまで聴き入った。何とも、カッコ良すぎる歌声と、雰囲気作りというか演出というか。。。決してライブをするに十分な環境とは言えない中、そこにいる皆を魅了してしまう。ルパン三世の「愛のテーマ」、「When something is wrong with my babe...」などなど。次から次へとハスキーなヴォイスでR&Bを歌い上げていく。
b0004907_21103563.jpg美幸さんもちょこっと歌ってくれたり。。。なんとも贅沢な時間。いや本当に癒されたというか、パワーをもらった。素晴らしすぎる音だった。それにしても、このボーカルSharkさんの歌とパフォーマンスに見いれば見いる程、どことなく身近に感じた。どこかでご一緒したことがあるような。。。終演後、美幸さんに「あのボーカルの方と親しいの?」、「僕もご一緒したことあるような気がするんだけど。。。」と聞いてみた。紐解いていくと、やっぱり接点があった。ここでは長くなるから省略するけど、狭い世界だなと思った。
しかし、その接点すら忘れてしまうほど、この日のパフォーマンスに誰もが酔いしれたに違いない。「ちょっと御挨拶程度なので。。。」と付き合わせてしまった関係者もここまできっちりライブを見せつけられるとは思っていなかったのでは。。。結果、喜んでいただけたのでは。。。と逆にホッとした。帰り際に、美幸さんのお店の看板をバックに記念撮影。お疲れさまでした。素敵な刺激に感謝です。
[PR]
by shuichi_sugisawa | 2011-09-25 21:32 | Comments(0)

アスリートやアーティストとの交流から素敵なお話を紹介します


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31